3軸トゥールビヨンを3Dプリンターで作る!?

2016年7月22日 (news)

1000万円を超えるような高級腕時計なんかに使われている
トゥールビヨンという機構をご存知でしょうか?

これは時計にかかる重力や姿勢差による影響を解消するために
考案された、非常に複雑な機構です。

 

中でも3軸のトゥールビヨンという機構の動きは素晴らしく、
この複雑な機械の動きは何時間でも見ていられそうですね。

この3軸のトゥールビヨンを3Dプリンターで再現してしまった方が
いたのでご紹介します。

それがコチラ。

 

映像をみて分かると思いますが、ほとんど部品が3Dプリンターに
よって作成されていますね。

金属部品は、シャフトやボールベアリング、ネジくらいです。

 

160722a

動力源であるゼンマイバネも3Dプリント製です。

 

160722c

部品点数は34個で、infillが20%、全てPLAで印刷しているそうです。

組立て自体は1時間程度で出来てします層です。

 

かつては世界で10人の時計職人しか作れない、なんていわれていた
複雑なトゥールビヨンですが、自分で組み立ててみると仕組もわかって面白そうですね。

3Dデータはコチラで公開されていますので、ご興味のある方は試してみたください。