湿気を吸ったフィラメントを復活させる「PrintDry」

2016年5月13日 (news)

3Dプリターの材料であるフィラメント。
このフィラメントは湿気に弱く、保管する際には注意が必要です。

 

160513a

フィラメントが吸水してしまうと綺麗な印刷が難しくなり
白いボツボツが発生したり、スムーズな印刷ができなくなります。

 

160513b

この湿度を吸収してしまったフィラメントを復活させるアイテムが「PrintDry」です。

 

160513c

「PrintDry」は本体内部を35℃~75℃で暖めることが可能で、
数時間フィラメントを入れておくことで乾燥させることができるようです。

 

160513d

乾燥させながらそのまま印刷したり、
予備のフィラメントも一緒に乾燥・保管することもできるみたいです。

 

販売は2016年7月に予定しており、事前予約することで79ドルで購入できます。

湿気でダメになってしまったフィラメントをお持ちの方にはいいアイテムですね!

 

引用元
>>PrintDry
>>Dry and feed 3D printing filaments while printing with $79 PrintDry device

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*