ニューバランスが3Dプリンターで作られた靴「Zante Generate」を販売!?

2016年4月15日 (news)

以前お伝えしていた、ニューバランスの3Dプリント製の靴が
いよいよ発売開始となるようです。

 

160415a

このランニングシューズのミッドソール部分が3Dプリンターで
作られています。

 

160415b

複雑な金型形状になっており、金型などを利用した量産品では
作れないような形になっていますね。

 

151120c

この形状はは足の負荷などを考慮し、最適なクッション性能になるように設計されているようです。

素材はTPUで、柔軟性のあるエラストマー樹脂で磨耗にも十分耐える耐久性があるそうです。

 

160415c

販売価格は400ドル、合計で44足の限定販売となるようです。

日本円で4万円を超えてしまうので、靴としては高めの価格設定ですね。

 

160415d

「Zante Generate」にはレーザー焼結タイプの3Dプリンターが利用されていますが
ソール部分の印刷には数時間かかってしまうようです。

 

160415e

金型を使った製品のように短時間で大量に生産することができないのでどうしても価格も高くなってしまうようですね。

しかし、3Dプリンターならではの形状による、高性能な靴として考えれば、決して高くない価格なのかもです。

 

今までは3Dプリンターで作ったモノは販売目的ではなく、試作に利用されるのが主でした。

今後は、「Zante Generate」のような付加価値の高い製品として、3Dプリントで作られた製品が販売されていくのかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*