3Dプリンターを使ってシリコン型を作成!懐かしのチョコレート菓子を再現

2016年2月12日 (news)

今回は3Dプリンタを使ってチョコレートを作成された方をご紹介します。

160212a

こちらが作られたチョコのお菓子。

このお貸しは、もともと80年代頃に発売されていたものだそうで、
どうしても食べたくなり、3Dプリンターを作って再現してしまおう!ということみたいです。

 

160212b

まずはシリコンの型をつくるために、マスターとなる凸型を設計です。
スケッチアップを使って設計されてるみたいですね。

 

160212c

そして設計した3Dデータをプリンターで出力。

 

160212d

これにシリコンを流し込んでチョコレートの型を作成していきます。

 

160212e

ちなみにこのシリコンは、食用用のものをを使っています。
160212f

160212g

後はこのシリコンにチョコレートやクッキー菓子を入れれば完成です。

 

もうすぐバレンタインの季節。3Dプリンターを使ってオリジナルのお菓子を
作ってみたら面白そうですね。

※変わった形のオリジナルチョコレートを作られた方の記事は下記の記事へ
家庭用3Dプリンターを使ってオリジナルチョコが量産できる!?

 

引用元>> Reprap development and further adventures in DIY 3D printing

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*