3Dプリンターで作った靴!!ニューバランスが一般販売!?

2015年11月20日 (news)

ニューバランスが3Dプリンターで作製した靴の販売を開始することを発表しました。

 

151120a

3Dプリントされた靴がこちらです。
靴の底、ソールの部分が3Dプリントされて作られています。

この靴はニューバランスと3Dプリンターメーカーの3Dシステムズが協業して作っています。

 

151120b

ソールの形状はとても複雑で、射出成形などでは絶対につくれない形状になっていますね。
まるでスポンジのように穴ぼこ形状です。

 

151120c

この穴ぼこ形状もちゃんと計算されているようで、足の形に合わせて負荷の高いポイントには
クッションの強くするなど、調整することができるみたいです。

 

151120d

素材には熱可塑性エラストマーのTPUが使われていて、粉末状のTPUをレーザーで焼結することで形状を作り出しています。

TPU自体はすでに靴底としても使われている素材なので耐久性などの心配もなさそうですね。

 

151120e

実は、ニューバランスが3Dプリンターを使って靴を作る取り組みをしたのは、今回がはじめてでなく
2013年からプロのアスリート向けに製造をしていたそうです。

今回は、限定販売ではありますが一般の方に向けて販売がアナウンスされています。
価格は未定ですが、販売時期は2016年4月を予定しています。

 

おそらくオーダーメイドの商品なので、決して安くはないと思います。

それでも、今まではプロのスポーツ選手しか手が届かなかったような靴が
一般の方でも手が入るようになるとは、スゴイことですね。

 

引用元

>>New Balance Announces 3D Printed Midsoles in New Running Shoe Line

>>New Balance’s 3D printed running shoes to arrive by April 2016