吹きガラスの金型を3Dプリント!?

2015年7月1日 (news)

3Dプリントした金型でガラス製品を作られている方がいるのでご紹介します。

 

150701a

こちらがその金型。ブロンズで造形されています。

この金型をどうやってガラス製品に使うかというと・・・

 

150701b

熱したガラスを金型に挟み込みこんで

 

150701c.

セットした状態で息を吹けば金型に沿った形状ができあがります。

まるでペットボトルを作るときのブロー成形みたいな感じですね。

 

150701d

後は他の部分を作製したら完成です。

 

 

今回のブロンズ製の金型は3DプリンターサービスのShapewaysで
作製されているみたいです。

ブロンズ素材となると家庭用の3Dプリンターでの印刷は難しいですが、
プリントサービスを利用すれば、個人でも金型が作れてしまいそう。

3Dプリント金型で、今までにない面白い形のガラス製品が登場するかもしれませんね。