オートデスクの光造型機「Ember」がオープンソース化!!

2015年5月14日 (news)

オートデスクが販売している光造形3Dプリンター「Ember」の
設計データが公開されました。

150514a

EmberはDLP方式の光造形3Dプリンターです。

 

150514b

エポキシ系の液体の樹脂を面発光で硬化させて造形していくタイプで
FDM式のプリンターとくらべて細かい形状などが綺麗にプリントすることができます。

 

150514c

Emberの設計データはCC(クリエイティブコモンズ)の「表示-継承」ライセンスの
下に公開されており、商用目的でのデータ利用も可能です。

 

150514d

ただし設計データがあるからといってreprapのよう簡単に
光造形プリンターを自作できるか・・・というとそうではありません。

エンバー自体は量産を前提として射出成形で作るように設計されているので、
家庭用の3Dプリンターで「簡単」には部品を作れません。

なのでゼロから自作するっというのはちょっと厳しそうです。

ただ設計データがあると、Ember購入後にカスタマイズしたり
ということは簡単にできそうです。

 

150514e

またCCライセンスで公開されているので、データをカスタムして
オリジナルの3Dプリンターとして販売することも可能です。(ライセンス内であれば)

個人で販売は難しいですが、新たな企業が参入したりということはあるかもしれませんね。

オープンソース化で発展したreprapのように
光造形3Dプリンターの今後にも期待したいですね。

 

引用元

>>Autodesk Ember 3D printer Source CAD Design Files

>>Autodesk Releases Mechanical Files for Ember 3D Printer