3Dプリンターを使って射出成形!?

2015年2月20日 (news)

家庭用のFDM式3Dプリンターを使って射出成形してしまおう
という方がいらっしゃったのでご紹介します。

 

150220a

そもそも射出成形というのは、金型に溶かした樹脂を
流し込んで成形していく方法です。

3dプリンターくっつかない5

一方、FDM式の3Dプリンターの場合は溶かした樹脂を
積み上げてオブジェクトを作ります。

 

いずれも溶かした樹脂を押出していることは同じなので
3Dプリンターのノズルに直接、金型を押し当てれば
射出成形のようなことができるんじゃないか!?
というの今回の試み。

 

150220b

作った型はコチラ。シリコン製の型です。

 

150220c

この金型を直接3Dプリンターのノズルに押し当てて
フィラメントを送り出していきます。

 

150220d

充填が完了したら型から取り外して
水に入れて冷やします。

 

150220e

型からとり外したのがコチラです。

 

3Dプリンターで押出す場合は、力が足りないので
ちゃんとした成形品をつくるのはかなり難しいと思います。

ただし、小さな部品で、樹脂が流れやすい形状であれば
ある程度のモノは、作れてしまいそうですね。

 

 

FDMの3Dプリンターだと小さすぎるものを印刷するのは中々難しいので
この方法が有効な手段になりうる!?・・・かもです。

高温のノズルに直接金型を手で押し当てたりと、
かなり危ない方法なので、安易に真似をするのは禁物です。