123Dでイラストをインポート!2次元を3Dにしよう!

2014年11月12日 (3Dデータ)

先日作ったオリジナルデザインのNew3DSの着せ替えカバー。

 

141107i

今回はこのきせかえプレートを作ったときに使用した、
123DのSVGインポート機能をご紹介しようと思います。

3DCADでデザインするのは難しい?

通常、CADでデザインするような場合はスケッチを描いてから
押出したりカットしてデータを作っていきますが、

 

141108a

単純な形であればスケッチするのは簡単です。

 

141108d

ただしイラストのような複雑な形状を CADのスケッチで描くのは、中々しんどい作業です。
おそらく初心者がCADのスケッチで いきなり絵を書こうと思っても中々 難しいでしょう。

だけど無料のCADソフト123Dなら大丈夫。

123DにはillustratorやInkscapeといったベクター形式の
イラストなら、簡単にインポートしてしまう機能があります。

イラレなんかはマウス操作以外にもペンタブを使ってイラストが描けるので
簡単にNew3dsのきせかえバーをオリジナルデザインで作ることができます。

2次元のイラストを描こう

では、まずは着せ替えカバーをベクトル形式のイラストソフトで描いていきましょう。

 

123dのSVGインポートの方法1

アートボードのサイズをきせかえプレートのサイズに合わせて
絵を書いていきます。

あくまで個人的な描きかたなんですが、黒塗りの上に白抜きにしていく感じで
絵を描いています。

 

123dのSVGインポートの方法3

しっかり曲線が繋がっていなかったりするとCADに持ち込んだときに
うまく選択すことが出来ません。

 

123dのSVGインポートの方法4123dのSVGインポートの方法5

なので中マドにして重なった部分だけカットするような感じにして
簡単に曲線をつなげています。

これならCADにインポートした後もちゃんと選択することが可能になります。

 

123dのSVGインポートの方法6

イラストが完成したら123Dにインポート!といきたいところですが、
123DのSVGインポートには1点、問題があります。

それは、

イラレでちゃんと寸法をつけても、123Dにインポートするとサイズがバグってしまう!

ことです。

 

123dのSVGインポートの方法7

例えば、この100mm×100mmの正方形を123Dにインポートすると・・・

 

123dのSVGインポートの方法8

こんな283.4・・・みたいな数値になってしまいます。

イラレ特有のバグなのかもしれないのですが、この寸法が変わってしまうバグは
直す方法がなさそうなので、でかくなってしまう分 イラレのデータを小さくましょう。

 

123dのSVGインポートの方法9

100mが283.465mmになるので・・・
イラレの寸法を2.83465で割ったサイズまで小さくしてしまいましょう。

ここまで来たらイラストをSVGという形式で保存します。

123Dで2次元のイラストを3Dにしよう!

それではいよいよCADソフトにイラストをインポートしていきます。

 

123dのSVGインポートの方法10

左上メニューから「Import SVG > As Sketch」でSVGファイルをインポートしてください。

 

123dのSVGインポートの方法11

インポートしたらデータを押出してやるとイラストを3Dにすることができます。

後はこの3Dデータを使ってNew3DSのカバーになるように側面をつけていったりしてきます。

 

141108f

完成したデータがこちらですね。

123dのSVGインポートの方法12

ちなみにインポートしたイラストによっては中々PCの動作が重くなってしまうので
右部メニューからHide Sketchを選択してスケッチを隠してしまうか、
押出し後は必要ないので削除してしまっても良いと思います。

 

自作用の着せ替えカバーの作り方については

CAD入門 New 3DSの自作カバーをつくろう1
CAD入門 New 3DSの自作カバーをつくろう2

を参考にしてみてださい。

 

123DのSVGインポート機能を使えば簡単に複雑なイラストを3Dにしてしまうことができるので、
New3DSのカバー以外にも色々応用してオリジナル作品を作ってみてください!